施工事例

今日は障子張り!破れにくい障子『ワーロンシート』を張りました。

    だんだん気温も湿度も下がってきて、秋らしくなってきていますね

    今日は1日ふすま部屋での作業。障子の張替えです。

    前日にキレイに剥がした障子にひたすら紙を張っていきます。
    まずは普通紙。
    20131016102001.jpg
    障子の桟にしっかり紙がつくように!

    20131016103345.jpg
    シワにならないようにキレイにカット。

    お次は破れにくい障子紙「ワーロンシート」
    塩化ビニール樹脂を和紙の両面にラミネートしたもので、障子紙と言っていますが
    見た目や触った感じは、一般的な障子紙とはちょっと違います。
    破れにくく、汚れても拭くことができる素材です。

    20131016113312.jpg
    まずは、障子の桟を平らにしていきます。
    ワーロンシートは、専用の両面テープでの施工なので、障子の桟がデコボコしていると
    テープが剥がれてしまう原因になるためここでキレイにしておきます。

    20131016112755.jpg
    次に障子の枠のサイズにカット。

    20131016113737.jpg
    専用の両面テープをしっかり貼りつけます。

    20131016115747.jpg
    サイズにカットしたワーロンシートを位置がずれないように張ります。
    完成!

    本格的に寒くなる前に、障子を張り替えておくと寒くないので今が良い時期ですよ〜
    ワーロンシートの他にも、断熱効果の高い障子紙などもありますので
    ぜひぜひお問い合わせください!



    ページトップへ戻る
    1Dayリフォームご相談受付中